1. HOME
  2. 講座紹介
  3. クラシック・オンライン 通信コース
  4. 【通信教育】演奏と指導の添削・指導コース For online lesson, apply from here.

クラシック・オンライン 通信コース

音楽講師のための個別指導

クラシック・オンライン 通信コース

【通信教育】演奏と指導の添削・指導コース
For online lesson, apply from here.

CLASSIC ONLINEは、あなたの困ったにすべてお応えします!

✅ 自分のレベルにった曲選びがわからない…
✅ 先生に全部教えて貰わないとどう弾いてよいか分からない…
✅ 自分の練習方法が間違っていないか確認したい
✅ クラシック音楽の時代考証ってなんですか?
✅ フレージングとアーティキュレーションの違いがわかりません…
✅ 演奏法をきちんと理解して弾きたいです
✅ 音楽用語は、意味を知っているだけはダメなんですか?
✅ 和声進行の変化を感じるというのはどういうこと?
✅ 非和声音(和声外音)が出てきたらどう弾くの?
✅ 自分の出している音のニュアンス、音量のバランスが聴き取れません…
✅ 楽譜のはじめにある解説文が外国語で読めなくて困っています…
etc.

あなたの演奏を!指導内容を!プロがアドバイス!

音楽書を読んでも、レッスンを受けても、セミナーに行っても、なかなか改善できない、気づけないことは多くあるもの。もし!あなたがプロの視点を取り入れて劇的に演奏を変えたいと思うなら、指導のやり方をもっと充実させたいなら、絶対お勧めのコースです!

CLASSIC ONLINEのオンラインレッスンは、
よくあるオンラインレッスンではありません!!!

 

徹底的な!ヒアリング
悩みをまるごと出しましょう!
 時間に縛られない!
あなたは撮影して送るだけ!

この先生に習いたい!
プロの先生を指名できる!
 プロからのアドバイス!
目から鱗の気づきで悩み解消!

 

CLASSIC ONLINE 音楽通信教育の流れ

ステップ① ヒアリングします

演奏の困った!指導の困った!をお聞かせください!あなただけのカルテを制作!

「事前準備、演奏目標と目的、作品理解、学習法、練習過程、具体的な悩みなど」

ステップ② 撮影してして送る

あなたの演奏を、または、指導中のレッスン現場を撮影してご提出ください。

*撮影時間は、1映像=15分以内 ×4場面に分けて合計60分以内でお願いします。

ステップ③ プロが診断します

カルテの情報と撮影された演奏やレッスンの現場を動画でみて多角的にアドバイス!

「作品の理解度、譜面の読み取り、演奏法、表現力、姿勢とタッチ」など

*メール(*郵送でも可)でプロからの提案、具体的な改善点等がお手元に届きます!

ステップ④ フィードバック

診断結果をみて、あなたの全体的な感想、理解できた点などをお聞かせください!

*フィードバックはとても重要です!次のステップに繋げるための頭と心の整理です。

CLASSIC ONLINEが推薦!通信教育でプロの添削・指導

 

📪通信教育でじっくり学びたい!指導法をプロに指導して欲しい!
まずは無料のメール相談からどうぞ!

>

受講者の声

コース:「オンラインレッスン」
国立系音楽大学ピアノ科出身 ピアノ愛好家 女性 60代

作品:ショパン バラード第1番 Op.23 ト短調 

インストラクター:ピアニスト浅野麻耶(演奏と解説)

バラードの「由良」から吟遊詩人たちが、「さあ、物語のはじまり、はじまり…」と竪琴やリュートで序奏が奏でられ、続いて物語の伴奏としてつま弾かれるという事が想像できました。これがショパンのバラードの序奏や本編のメロディーの伴奏(つま弾かれる和音)に繋がっていく様に感じました。作品を実際に弾くまえに曲のイメージが自然と沸くような解説があると、曲を理解するための手助けになりますし、とても重要だと感じました。また浅野先生の解説の中で「楽譜を開いて、作曲者が書き記してあることをくまなく見ていくことが大事」という説明の通り、Largoで4分の4拍子の部分が序奏、Moderatoで4分の6拍子に変わったところから本編ということが解ります。また、第1主題と第2主題について、解説の中で詳しく触れられているので、全体の作品の構成が予想できました。

また解説の中でで「ショパンの音楽では、ハーモニーを見ていくだけで、メロディーをどういう風に強弱をつけて、フレーズをどういう風に区切れば良いか、自然と解ります。ショパンの音楽が、これほど愛されている理由は、ハーモニーの特殊な使い方にあります。」という説明の通り、和声の動きを見ていくと、どこに重さが乗り、どこで抜くのか、フレーズはどこまで繋がっているか、が解るようになってきました。速度記号、発想記号、奏法記号などから、楽器をイメージして弾くことは、タッチの工夫に繋がると思いました。序奏からは、コントラバスとチェロのユニゾンの音、第1主題からは、伴奏の竪琴、リュートのつま弾き音、ホルンコードからは、トランペットやホルンの音が聴こえてくるような感覚がします。また、浅野先生がご提案なさっていた、練習方法には、きちんと理由が述べられていて、とても理解しやすかったです。有難うございました。

もしも迷っているのなら!まずは相談してみませんか?

オンラインレッスンは、練習方法がわからなくて困った!どうやって指導をしていいのか分からない!という問題を解決するためのあなただけのガイドです。あなたの困ったをお手伝いいたします!

📪オンラインレッスンを受講したい!
まずは無料のメール相談からどうぞ!

 

For online lesson, apply from here.

new-era way to learn arts! You can learn from your dream artists at your home.Such as the detailed explanation of a piece of music or suggestions on practice methods, you can learn them from the view of an artist in reality.New way to learn arts to connect with artists. How about learning from your dream musicians? For those who are aiming to a player or are active as an instructor now, this lesson will deliver profound words and the exquisite tones of musical instruments packed with full essence of classic music from artists.